FC2ブログ

Hacknet ストーリー攻略その6[End] 攻略日記9

 いよいよBit失踪の謎を追うクライマックス。全プレイ時間10時間程度ですが、非常に面白かったです。ハッキングゲームとしての楽しさ以外にも、チャット文章やストーリーなど非常によく作りこまれていて飽きる暇がありませんでした。小ネタは少し、下ネタ気味なのがこまりものですが。笑

 続けて、続編である「Hacknet Labyrinths」もプレイしてみたいと思っています。こちらは、CSCEの依頼サイトからkaguya Trialsという依頼を請け負うことで、開始できるようになっているようです。ちなみに、購入価格が現在は67%OFFと非常にお得になっているようです。10%OFFで購入した私としては羨ましい限りです。

[Bit 出発点]
使えるツールをAccetサーバーからダウンロードできるようになる。

TreceKill.decを/binにダウンロードし、複号する。パスワードは、dx122DX


[Bit 実証]
Bitのサーバーを調査する。

INVIOLABILTY DETECTEDと表示されるサーバーはそのままではハッキングが出来ないので、他の方法を探す必要がある。

*Bitwise Repo Base@23.236.62.147
Proxy あり
Firewall なし
逆探知あり
scan 66.96.148.1
ユーザー:admin パスワード:tenzen

hn_repo_archive.decをダウンロードできる。

DECHeadでファイルを読み取るとソースIP 156.151.59.35が得られる。


[Bit 調査]
IPを返信すると、EnTechのWebサーバーを徹底的に調べるように言われる。

*EnTech Web Server@22.197.139.244
Proxy なし
Firewall なし
逆探知あり
scan 127.205.94.121
156.151.0.0
156.151.59.82

*EnWorkstationCrore@156.151.0.0
ユーザー:admin パスワード:test

scan
156.151.0.10
156.151.0.18
156.151.0.28
156.151.0.42
156.151.0.50

*EnTech Workstation_008@156.151.0.42
Proxy あり
Firewall あり W8BVB4
逆探知あり

ストレージサーバ
156.151.1.1(開発中プロジェクト)

156.151.1.12(配信、編集用)


*En_Prometheus@156.151.1.1

ID:admin  PW:d88vAnnX

メールアドレス
hnManager@entec.com

eosDeviceScan
230.19.68.12
158.92.17.204


[Bit 伝播]
relalyサーバーの調査を依頼される。まずは、PrometheusやRomulusを調査することに。

PrometheusでeosDeviceScanを実行すると、2台の端末が発見できる。

*ENTECH_TEST_01's ePhone 4S@230.19.68.12
ID:admin  PW:alpine

パス.txt
1
1
3

Account: nstanford@entech.com
Password: murloc33

*ENTECH_TEST_02's ePhone 4S@158.92.17.204
ID:admin  PW:alpine

リモート接続テスト
あsdf あsdf リモートで記入中

リモート接続テスト2
12345678

*EnTech Mail Server@156.151.59.82
メールシステムに、ID:nstanford PW:murloc33でログインする。
Romulusのパスワード
h7ggNKl2
156.151.1.12

*En_Romulus@156.151.1.12
ID:admin PW:h7ggNKl2

リレーサーバー:156.151.59.35
ファイルの閲覧パスワード:ax889msjA
HacknetSecurityTracer.decがダウンロードできる。


*EnTech External Contractor Relay Server@156.151.59.35
ID:admin PW:ax889msjA

Bitのフォルダから、Heart.decをダウンロードできる。

[Bit 証明]
パスワードax889msjAを返信するとbitのファイルを解凍するパスワード「divingsparrow」を教えて貰える。

Decypher heart.dec divingsparrow
ソースIP 23.236.62.147

hert.txtを読むと、PorthackプログラムとBitの真相が明らかになる。

CEOのメールアカウント
ユーザーネーム:rc@entech.com
パスワード:byC89kMMe

*EnTech Mail Server@156.151.59.82
にrcでログインすると

メインフレームのID、PW
ID:admin  PW:v19328hQ9


[Bit 終点]
bitのメッセージを確認し、Vに返信する。
アセットサーバーから、Sequencerというプログラムをダウンロードできるようになる。

Sequencerを起動すると最後の戦いとなるので、Shellなどの準備をしておく。

対象サーバーから、hacknetと名のついたファイルを全消去する。

2017-11-24


99.236.81.240
ファイアウォールあり EMMETPLACE
プロキシあり

KBT_PortTestを忘れないように。

[Bit 完了]
Vからの最後のメールがある。

[終焉]
Bitからの最後のお願いがメールされてくる。

*Porthack.Heart@168.187.142.69
Porthackを実行するとエンディング。

2017-11-24 (3)

エンディングの後には、特典として、以下のサーバーにアクセスできるようになる。

*Credits Server@226.187.99.3

追記:forkbombというコマンドを実行するとログイン中のシステムをダウンさせられる。システムを素早くダウンさせたい時に使用する。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よく詰んだのでこの記事はとても助かりました、ありがとう!
プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR