花嫁の右側に立つ花婿

 花嫁を近隣の部落から奪ってきた頃は、花嫁の一族や許嫁が、いつ襲ってくるかわからないので、たえず警戒していなければならなかった。それで花婿は儀式の間中、このような攻撃を受け流すため、右手がいつも使えるようにしておく必要があったので、花嫁を左に立たせた。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

旅客機のタイヤも冬はスタッドレスなのか

 日本では、現在「スノータイヤ」といえば、「スタッドレス」となっている。かつては、タイヤに金属製のパイク(スタッド)を打ち込んだ「スパイクタイヤが使われていたが、路面を削って粉じん公害を引き起こしたため、1990年(平成2)に使用が禁止された。みぞその後は、スパイクを打ち込まなくても、深い溝をつけることで、雪上でも十分なグリップ力を発揮するタイヤが使われている。それが「スタッドレスタイヤ」で、11月になれば、通常のタイヤからスタッドレスタイヤに交換するのも、降雪地域では大切な冬支度のひとつである。そういえば、時速200~300キロのスピードで離着陸する航空機も、タイヤを履いている。滑走路の雪は取り除くとしても、路面が凍結する日もある。

 危険防止のため、冬場はやはりスタッドレスに交換されているのだろうか?

 答えは「ノー」で、旅客機も含めた航空機は、一年中、同じタイヤを使っている。航空機の場合、高速で離着陸するといっても、一直線の滑走路上を走るだけで、複雑な動きをするわけではない。滑走路から誘導路へ入るときなど、進路を変えるさいには、速度を落としているので危険はない。空港では、雪が降れば、まず融雪剤をまいて雪を溶かし、それでもダメなら、除雪車が出動して滑走路などの雪を取り除く。その除雪車は、もちろんスタッドレスを履いている。

 そもそも、地上では山池が多い航空機のタイヤは自動車のタイヤとちがい、縦に深い溝が数本あるだけで、見た日はかなりシンプル。その深い溝は、タイヤと路面のあいだに水がたまって生じる「ハイドロプレーニング現象(雨の日に車が高速で走るとタイヤが浮き、ハンドルやブレーキが利かなくなる)」を防ぐためである。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

インフルエンザは、なぜ毎年、流行するのか?

 咳と高熱に苦しむ流行性疾患は、紀元前300年前後の古代ギリシャ時代からあったとみられている。当時の名医ヒポクラテスの記録に残っているのだ。また、16世紀のイタリアでは、周期的に流行するところから、星の影響によるのではないかと考えられたこともあった。そうした流行性疾患は、今日のインフルエンザではなかったかと考えられている。

 一般に、はしかや水ぼうそうなどのウイルス感染症は、一度かかると、二度はかからない。体内に「免疫」ができるからである。ところが、インフルエンザは、一度かかった人でも、二度、三度とかかる。それは、インフルエンザのウイルスが、絶えず小さな変異をくり返しているからである。インフルエンザの場合、小さな変異を起こすのは、ウイルスの表面にびっしり生えた突起物である。これは「スパイク」とよばれ、「ヘムアグルチニン(HA)スパイク」と、「ノイラミニダーゼ(NA)スパイク」の2種類がある。それらが、人から人へ感染するあいだに、すこしずつ変異する。すると、体内の抗体が働かないので、ふたたびインフルエンザを発症することになる。

 ただ、ウイルスの変化がこくわずかであれば、抗体が働き、インフルエンザにかからないこともある。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

地下鉄のトイレの汚物は汲み上げて処理される。

 自宅のトイレでウンチをすると、家庭からの生活排水や工場、会社などからでる産業排水、さらに雨水などとともに、下水道を流れて、汚水処理施設へ向かう。そこで、ウンチは、ほかの汚泥とともに脱水や乾燥され、処理施設で焼却、炭化、微生物の作用で安定化させるなどの処理がおこなわれている。

というわけで、トイレでしたウンチは、基本的に勾配をつけた下水道を流れていくわけだが、ここで疑問なのは、「下水道より深いところでしたウンチは、どうなるか」である。たとえば、都営地下鉄・大江戸線の六本木駅は、駅としては日本一深い地下42・3メートルにある。六本木駅周辺の下水道管は、地面から約3メートルの深さを走っているので、駅のトイレのほうがずっと深いところに位置することになる。当然、物理学の法則に従えば、六本木駅のトイレの汚物は流れてはいかない。ではどうするか?じつは、ポンプを利用しているのだ。

 つまり、汚水槽にいったん集められた汚物は、ポンプの力によって高い位置にある下水道へ送り込まれているのである。おおむね、地下鉄の駅のトイレは、下水道より深い位置にあるので、大半の地下鉄駅では、ポンプで汚物を下水道に汲み上げるという方法が用いられている。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

「紫」は高貴な色

 紫色は西洋では地中海でとれる貝の包薬から染料のもとをとったが、ごく少量しかとれなかったので、紫色の服は高価で、王侯、貴族や行政、司法の高官、軍の司令官といった身分の高い人でなければ身につけることはできなかった。そこで、王侯の紫と言われていた。英語のpurple(紫)はこの色をとる貝purpura(ラテン語)に由来する。

 なお日本でも紫は昔から高貴の色とされていて、聖徳太子が定めた冠位十二階でも、最高位の冠は紫であった。紫色に染めるには、紫草の根をつぶし、煮出した汁につけ、さらに棒の木灰のあくにつけて紫色を出した。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR