鼻の穴が二つあるのはなぜか

 もし鼻の穴がひとつだと、鼻から息を吸い込んだ空気が乱流を起こし、肺への空気の輸送がスムーズにいかなくなるといわれています。また、空気を吸い込むためのエネルギーも余分に必要となるので、常に深呼吸をしているような状態になり、呼吸するだけで体力を消耗してしまうそうです。さらに、鼻の奥にある嗅細胞がにおいを識別できず、嗅覚が正常に働かなくなるといわれています。私たちが食べ物のにおいを楽しんだり、腐敗臭やガス臭を検知したりできるのは、鼻の穴が二つあるおかげだといえます。

 また、鼻の穴は左右交代で働いていることが判明しています。琉球大学で行われた風車の回転で左右の鼻の呼吸量を測定できる装置「YASHITI」を使った実験では、人間はどちらか片方の鼻を使っているという結果が出ました。さらに、使用する鼻の穴は2~3時間おきに入れ替わるということも明らかになっています。

 このような交代制をとっている理由のひとつは、エネルギーの節約、つまり体がさほど酸素を必要としないときには、毛細血管の集合体である鼻甲介を充血させて空気の通り道をふさぎ、どちらか一方の穴を休ませ効果的に呼吸しているのです。また、一方の鼻の穴を使うことでウイルスや細菌が体内に侵入するのを防いでいるともいわれています。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR