カール・ヤスパース 経歴とその思想発展3 戦後の思想的状況、生の哲学、現象学を経て実存哲学へ

 地に着いた現実の上に思想の再建が始まったのである。これと共に哲学界にも新現実主義の機運が訪れ、戦前二十世紀初頭においては、新カント学派の全盛下に哲学界の主流の外に立つ不遇をかこっていた「生の哲学」の一派が今や時代の脚光を浴びるとことなった。

 大戦及び戦後の最も生々しい現実を経験した人々はもはや以前の哲学界の寵児に振り向く気もしなかった。なぜならばドイツ観念論の統一的世界像も新カント学派の抽象的価値表もあまりにも現実を遊離した、むしろその意味でドイツを誤り導いて辛苦をなめさせた当の幻影に他ならなかったからである。ついに国民を見捨てていた哲学は今、国民から見捨てられたのである。

 前世紀のドイツ観念論のロマン主義や自然科学的実在論の自然主義にも、今世紀の新カント派の印象主義にも生の要求を充たされない国民が、直接に生命そのものを掻き立て吹き込むように見えるディルタイ、オイケン、ジンメル、あるいはニーチェ、ベルクソン等に救いを求めたのは、当然の成り行きであったと言えよう。

 リッケルトが『生の哲学』(1921年)において、これら彼のいわゆる「哲学的流行思潮」を非学問的として排撃したけれどもすでに大勢はいかんともすることが出来なかった。

 この書の中で、ヤスパースもまたその『世界観の心理学』に窺い知る限りの「生の哲学者」として言及されているのである。しかし生の哲学とてもディルタイ流の奥行きの浅い平均的生存の解釈学的分析だけでは到底当時の深刻なる生存意識の要求に堪えるものではあり得なかったし、それより一歩進んで現状打開の創造的生を説いたニーチェもベルグソンもそのままでは表現主義的激情の代表者でしかないことが分かってきた。今や他に真実の新即物主義が求められた。フッサールの純粋現象学の旗印「事象そのものへ」は新しい存在認識の再建として一時この要求に応ずるが如く見えたが、これもまた直ぐその欺瞞を暴露されねばならなかった。それはいわば静謐なる表現主義であり、ないしは結局新カント派と結縁の印象主義に他ならなかったからである。希望をもってこの学派の門をくぐった一部の青年学徒は直ちにまたこの門を出て来た。N・ハルトマン、M・シェラー、M・ハイデガーなどの人々がそれであった。

 現象学的還元に随行していてはいつまた再び生の地平に出て来れるか分からないという焦燥から、彼らは新しい存在の基礎付けを素朴な生存意識の本質のそのものにおいて見出そうとした点で一致していた。しかし、この中でハイデガーがハルトマンの「認識の形而上学」の知識学的平板やシェラーの「哲学的人間学」の生物学的低調を克服して「基礎的存在論」に達した時、生存は明らかに深化させられた地盤の上に立っていたのである。時代の新現実主義が哲学に求めたのは「生の哲学」ではなくて、「実存の哲学」であった。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR