なぜ関東は「濃い味」で関西は「薄味」なのか

 何気なく食べているものでも、知らないことは意外と多い。たとえば、うどん。関東のうどんの汁が黒くて濃く、関西の汁はあっさりしていることがよく知られていますが、この違いはどこからきたのでしょうか。

 今でこそ東京は日本を代表する都会となっていますが、徳川家康が幕府を開く以前 は、京都からはるかに離れた田舎だったのです。田舎にいた人たちのほとんどは農民ですから、毎日激しい労働にあけくれます。

 関東武士といわれる人たちもいましたが、彼らも平時は農業に従事していました。 肉体労働に従事する人は多量の汗をかくため、食事の中で塩分を補給しようとします。 この伝統が定着して、関東では濃いしょう油味が広まったわけです。

 これに対して関西は、関東に比べて知的階級が食をはじめとした文化をリードする傾向にあったため、労働者向けの濃い味ではなく、薄味が主流となったわけです。

 京に出てきた織田信長が、料理の味が薄いのに激怒したのを見て、京の料理人たちが「田舎もの」と陰で嘲笑したという逸話も残っています。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR