西洋の絵画の「天使の輪」の正体

 西洋の絵画にみられる天使には、必ず頭の上に光の輪が描かれている。キリストや聖母マリアなどの聖者にも、頭の上に光の輪が描かれている。聖者の頭部をかこむ光輪は、古代の宗教の世界にも存在した。

 ギリシャ・ローマ時代の神々などにもつけられた。二世紀頃よりキリスト教の図像にも見られるようになった。
これは太陽信仰から始まったようだ。昔、太陽崇拝者は鳥の羽のついた輪をかぶった。おそらく太陽の光をかたどったものだろう。太陽神にあやかりたいという気持からと思われる。それで古代人は神聖なものを描く時、頭の周りに光輪をつけるようになったものと考えられる。仏像では光輪ではなく、光背(俗に後光という)になっている。この形式はすでにガンダーラの仏像に見られ、中国に進むと、これが火陥状となり、その上端がとがって宝珠形をなすようになった。

 光輪には別の説もある。昔、聖者の像が木や銅で作られていた頃、外に置くと風雨に浸食されたり、鳥に糞をかけられたりするので、これを防ぐために、頭の上に大きな円い皿状のものをつけた。これが聖者の風貌に威厳を添えたので、画家やレリーフの彫刻家は彼らの作品の聖者の頭上に円板を描くようになり、次第に光輪に変わっていったという説である。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR