お粥は実は、病人の身体に負担をかける

 病気になると、すぐにお粥を食べさせる。そんな習慣がある家庭も多いのではないでしょうか。軟らかくて噛まなくてもいいため食べやすいし、消化もいいということなのでしょうが、これは大間違い。

 お粥は、消化力が弱まっている病人にはかえって悪い効果があるのです。噛まずに流し込めばすぐに胃に到達するので、食べやすいことは確かです。しかし、食べやすいことと消化がいいことを混同してはいけません。私たちの消化作業は、口でしっかり噛むことから始まっているのです。よく噛んで食べものを細かくし、睡液中の消化酵素をよく混ぜ合わせる。そうすることで胃からあとの消化・吸収に負担をかけないようにするのが最初の仕事です。

 そういう見地に立つと、お粥は、消化活動のすべてを次へ押しつける無責任型の食事、と言えます。いくら軟らかくても、消化の第一段階がパスされたのでは、胃の仕事が増えるだけ。負担は増す一方です。もちろん、胃だけではそれを補い切れず、十二指腸、小腸、大腸へと、順送りにツケが回されていきます。

 それに、栄養価の面でも、お粥は不適切だといえるでしょう。同じ病人食なら、むしろ白身の魚、豆腐、半熟卵など、高タンパクで消化のよいものを、よく噛んで食べるほうがよほど身になるというものです。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR