豚カツには、なぜ千切りキャベツがついてくるのか。

 今も昔も、トンカツにはキャベツがつきもの。素人にはなかなか真似できない極細切りが、多くの店で機械で行なわれるようにった今でも、やはりキャベツはなくてはならない存在です。ほかの多くのつけ合わせ同様、トンカツにおけるキャベツも重要な役割を果たしています。トンカツは、豚肉を使っている上に衣をつけて揚げている、とても脂っこい食べものですが、キャベツは胃腸を保護し、消化・吸収も助けてくれる働きを持っているのです。

 また、栄養面から見ても、キャベツの盛り合わせは最適。キャベツには胃腸障害に効くビタミンUも含まれているので、脂っこいものを食べるときの最高のパートナーです。

 ただし、千切りにしたあとで水にさらしすぎると、大切なビタミンUが溶け出してしまいます。トンカツ屋のカウンター越しにでも調理場をのぞいてみて、キャベツをどっさり切り溜めして水を張ったボウルにつけていたりしたら、栄養はあまり期待しないほうがいいかもしれません。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR