黒猫はなぜ不吉なのか

 古代エジプトでは猫は神聖なものとされ、ローマでも自由の象徴とされていた。しかし日本では、「猫は魔物」「猫は化ける」「猫を殺せば七代崇る」などと言われ、魔性を帯びた畜生という感じが強い。西洋では、特に黒猫は縁起の悪い動物と信じられていた。こうした迷信の起源は遠く中世にさかのぼるもので、当時黒猫は悪魔(satan)や魔女(witch)の手先とされ、中世魔女狩りが盛んだった頃は、多くの黒猫が焼き殺された。

 黒猫は闇と危険の象徴であったので、自分の通り道の前方を黒猫に横切られたりすると、不吉なことが起こるのではないかと縁起をかついだものだ。ポー(EdgarAlanPoe)の短篇小説「黒猫(BlackCat)」はこうした猫のイメージを扱った名作で、あら筋は病的な心理から可愛がっている黒猫を絞殺した男が、猫の崇りで妻を惨殺し、巧みに隠したその死体も発覚するという怪奇な心理小説だ。

 以上のような悪いイメージがある一方、マスコットとして身につけたり、商標などにして使われている。昔、黒猫印の下着があったし、また一世紀前パリにあったキャバレー「黒猫」には文人、画家が集るので有名だった。現在「黒猫ヤマトの宅急便」は知らない人はいないだろう。以上のように黒猫は魔性のものでもあり、またマスコット的存在でもある。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR