大手前大学スクーリング「臨床心理学実習」5日目

 大手前大学で受講する今年最後のスクーリング科目である「臨床心理学実習」の5日目に行ってきました。前回から間に、「心理学実験・実習」を6日間はさみ、約一月半ぶりという事もあり、とても新鮮な気持ちで受講することが出来ました。

 今日は、一日ユングづくしの内容でした。午前中は、ユングの心理学と深い関係にあるフロイトについて勉強した後、ユングのタイプ理論について講義がありました。内向性、外向性という二つの区分に、思考と感情、感覚と直感の二つの軸を組み合わせ、その中で強い機能を優勢機能、対向軸の次に強い機能を補助機能と捉えるユングのタイプ理論は、その妥当性はともかく、特に優勢機能の影に隠れた劣等機能について考えてみることで、ユングの心理学において無意識と呼ばれている領域がどのような性質をもつのかについてのイメージを抱かせてくれるものでした。

 午後からは、ユング心理学の特徴である人類が普遍的に持っているとされる集合的無意識について、影とペルソナ、アニマ、アニムスといった元型の考え方を取り上げながら説明がありました。アニマは男性がもつ女性イメージであり、アニムスは女性がもつ男性イメージですが、この二つは一人の人の中にどちらかしかないものであるのに対し、エロスとロゴスは、一人の人間の中で両立しうるものだということも理解出来ました。本日、最後の講義では、ユングの夢分析を取り上げ、その実践例として、河合隼雄さんによる事例を受講者同士でディスカッションしました。ユング心理学が、もつ心の全体性を大事にしながら、自分が生きていない心の部分を生きようとする考え方がよく理解できる講義でした。現在のユング派が、カテゴリーの当てはめやテクニカルな方法よりも、治療者と患者双方のイメージを大切にする方向に進んでいるという点も踏まえ、ユングの各理論がどのような意味を持っているのかについて、今後考えていきたいなと思っています。

 今日は、一日講義という感じでしたが、明日の最終日は、今日の内容を踏まえてアートセラピーと箱庭療法の演習が行われる予定です。楽しみにしていた演習の一つなので、しっかりと勉強していきたいと思っています。

本日の学習結果

臨床心理学実習 第21回 フロイトとユング 済
臨床心理学実習 第22回 ユングのタイプ理論 済
臨床心理学実習 第23回 ユング心理学 シャドーとペルソナ 済
臨床心理学実習 第24回 ユング心理学 アニマとアニムス 済
臨床心理学実習 第25回 ユングの夢分析 済

本日受けた講義の合計 5コマ
今までに終えた講義の合計 281コマ

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR