白いビールの正体は何か。

 「白いビール」があるのをご存じでしょうか。名前は「ベルリーナ・ヴァイセ」と言って、ドイツで一八○○年代後半からつくられているものです。このビールの変わっているところは、まず原料。普通、ビールの原料といえば大麦ですが、ベルリーナ・ヴァイセは小麦を発酵させます。

 そして、一次発酵のあとに乳酸菌を混入。これで、ビールにしては珍しい、乳白色を帯びた色合いになるのです。そのあともう一度発酵させると、酸味が強くて、泡がきめ細かいビールになります。

 もう一つ変わっているところは、その飲み方。ビールだけで飲むことはめったになく、ラズベリー、チェリーなど果実のシロップを混ぜ、甘いカクテルにするのが普通。

 シロップの色と白い泡の調和もきれいだし、ジュース感覚で真っ昼間から堂々と飲めるので、興味のある人は試してみてください。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR