「うさぎの足」のお守り

 ヨーロッパでは遠い昔から、うさぎは特別の動物と考えられていた。特にケルト人にとって、うさぎは聖なる動物だった。うさぎは非常に多産で、地下で過ごしていることがよくある。これは地下の霊と交わるためで、うさぎの体には霊が宿っていると考えられた。そこでうさぎは、健康、繁栄、生殖のシンボルとされ、うさぎの体の一部を身につけていると、幸せになれると信じられた。うさぎの足は小さくて、容易に乾燥できるし、持ち歩き易いので、多くの人がお守りとして身につけるようになった。アメリカ、ニュージャージー州南東部の海辺保養地で、ギャンブルで有名なアトランティックシティ行きのグレイハウンドバスに乗ると、うさぎの足のお守りをくれるとのことだ。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR