眉毛のない顔は、なぜ不気味に見えるのか

 伊達政宗好きの「歴女」としても知られる女優の杏。2012年(平成24年)のNHK大河ドラマ『平清盛』では、鎌倉幕備を開いた源頼朝の正室・北条政子を演じるが、初の収録をおこなった感想は、「眉毛を消した顔は、自分でも怖い」だった。旬の女優も、さすがに眉毛のない顔は、自分でも不気味に感じるようだ。

 もともと、眉毛は、額から落ちる汗や雨水が目に入らないようにする役割を握っている。

 その一方で、眉は人の表情を作るうえでも重要な役割を果たしている。たとえば、日が笑っていても、眉が動いていなければ、喜んでいるようには見えないし、心配ことがあれば、自然と眉間が狭くなるものだ。人は、誰しも経験的に、相手の心理状態が眉にあらわれることを知っているので、目の前の人の眉の状態や動きを見ることで、相手の気持ちを察している。ところが、眉がなくなると、相手は表情に乏しくなり、コミュニケーションを拒否した人間のように見えてしまう。

 さらに、表情に乏しくなると、究極の無表情である死人の顔を連想させるので、不気味に感じることになるのだ。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR