魚以外のつまみも「さかな」と呼ぶ理由

 「さかな」はもともと日本人が使っていた大和言葉で、本来は「酒に添えるもの」という意味。漢字では「魚」ではなく「酒菜」と書いていました。

 したがってその内容は幅広く、魚、鳥肉、野菜などのいわゆるおつまみのほか、引出物として添えられた服飾品や武器、歌謡や舞踊なども「さかな」の一つでした。これらは技芸として、それぞれ独自に発展していきます。残されたのはおつまみで、「さかな」という語は、酒と一緒に食べるものの意味に限定されていきます。

 ところがよく考えてみれば、酒と相性がよくてつまみに最も多く用いられているのが「魚」でした。つまり、「さかな」と呼ぶもののほとんどが「魚」だったわけです。そのためごく自然に、魚を「さかな」と読むようになりました。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR