「絶対」と断言する人は実は自分に自信がない?

 たとえば「この新幹線に乗れば絶対に朝の会議に間に合う」といっても、何かの理由で列車が遅れることもあるし、途中で事故や事件に巻き込まれる可能性だってある。

 しかし、その不測の事態が起こるわずかな可能性を頭の隅のほうで考えつつも「絶対」と言い切ってしまうのは、何がなんでも自分の意見が正しいと主張したい自意識の表れであり、深層心理学的にみるとそこには自信のない自分が隠されているといっていい。

 自分が見聞きしたことを「これは間違いないよ」と伝えるならまだしも、これから起きる出来事について「絶対に間違いない」と断言するのは、相手に対してではなく自信のない自分に「大丈夫だ」と言い聞かせているのである。

 とくに、確実な根拠もないのに「絶対に間違いない」を連発するような人は、そのときの感情や感覚で自分の意見が左右される傾向にあるので、仕事を一緒にするときなどは時間をおいて再確認したほうが安心だ。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR