「とにかく」が出たら話を早く終わらせたいサイン

 忙しいときにかかってくるセールスの電話ほどイライラするものはない。機関銃のように矢継ぎ早にたたみかけてくるセールストークに対して「間に合ってます!」「けっこうです!」と、断ったとたんに電話を切ってしまう人も多いはずだ。

 この迷惑電話のように、相手が一方的に自分のことを話し始めて終わりそうもないときに、その流れをピタッと止める有効な方法がある。それは、「とにかく」という言葉を使って自分が話し始めることである。

 この言葉には、「これ以上あなたと話す意思はない」という会話を一方的に終了する暗示の効果があり、相手の話をさえぎるには格好の文句なのである。そのうえ、語調によっては「こっちの言い分を聞きなさい!」と相手を威圧することもできるのだ。

 「とにかく、今日は忙しいのでけっこうです」と言えば、しつこいセールスマンでもそれ以上話が長引くことはないだろうし、イライラする前に電話を切れるわけだ。ところで、もしもあなたが電話をかけるほうの営業マンなら、「とにかく」と切り出されたらそのときは潔く撤退しよう。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR