「ここだけの話」を教えてくれる人が要注意のワケ

 「ここだけの話なんだけど」と切り出して打ち明け話や悩み事などを相談してくる人は、その人と親しくなりたい、もっと関わりたいと思っている場合が多い。つき合いの浅い人からいきなり「ここだけの話」と言われたら一瞬戸惑ってしまうが、逆にある程度の親交がある人から「ここだけの話」をされると、自分を信頼してくれているんだと感じて嬉しくなるものだ。

 そして、いつの間にか気を許してしまい「じつは、私も」と同じように身の上話をしてしまうことがある。これは心理学では「自己開示の返報性」といわれる現象で、自分の情報を相手に伝えることにより相手にも自分の情報を開示するように促すというものだ。だから「ここだけの話」と相談してくる人は、相手と親しくなりたいがためにこの自己開示の返報性を無意識に利用して、自分から大事な話を持ち出すというわけなのだ。

 もちろん、純粋に親しくなりたいと思っているケースばかりではない。相手の情報を都合よく聞き出すために「ここだけの話」をしてくる場合もあるので、自分のことを口にする前にその人の真意を冷静に見極めたほうがいいだろう。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR