「あるいは」「もしくは」がロ癖の人は少々せっかち

 午後の予定を聞かれて「外出するか、あるいは打ち合わせで席をはずします」と言う人は、物事を何でも合理的に考えるタイプだ。「あるいは」「もしくは」などを多用して同時にふたつの事柄をつなげたりまとめて言ってしまうのは、いちいち説明するムダを省きたい、何でも合理的に進めたいという心理の表れであり、ケチとまではいかないが、できるだけ時間と体力を無駄遣いしたくないという人に多い。

 ときには、周りの人への配慮に欠けるばかりか自分の理屈を押し通したり、自分本位で見るからにこじつけと思われる理論をふりかざすこともあるので、何かにつけて衝突したりすることも多い。「わがままな人」と見られがちなのもこのタイプだ。

 この手の人と上手にコミュニケーションをとるためには、こちらもできるだけ余計なことは言わずに的確な表現を心がけることが肝心である。それにはまず、結果から伝えてそのあとにポイントを絞った説明をすれば、こちらの意見がスムーズに伝わるだろう。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR