語尾が「~と思います」となるのは自己保身が強いから

 政治家が国民に対して「検討したいと思います」と言うときは、ほとんど改善される見通しが立っていないことが多い。聞いている私たちもどこかで「どうせ無理だろう」と感じているものだ。

 なぜなら、「~と思います」という言葉の中には「100パーセントではありませんが」という意味合いが含まれているので、きっばりと言いきる度胸がないときには便利この上ない言葉だからだ。このため、自己保身の強い人ほど自分では気づかないうちに何度も「~と思います」と言ってしまうものなのだ。

 こういう人は、決断力がないわりには自分の今の地位を守るのに必死で、万が一失敗したときのシミュレーションだけは完璧にしていることが多い。「ひよっとしたら」なども「検討したいと思います」と同じで、よく口にする言葉のひとつだ。

 もし部下にこのタイプがいたら、頻繁にミーティングを行うか定期的な報告を義務づけるようにして、グループ意識を植えつけるといい。孤独感が募ってくると自分の身の安全が気になるのもこのタイプの特徴なのだ。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR