「やっぱり」を多用する人の性格

 世界の共通言語である英語に比べると難しいといわれるのが日本語だ。実際、日本語の中にはいろいろな意味にとれるような便利であいまいな言葉も多く、初めて日本語に接する外国人などはさぞかし頭を悩ませることだろう。

 我々がよく使う「やっばり」も、そんな難しい言葉のひとつだ。「やっばりダメだったじゃないか」「やっぱり君の言うとおりだったね」などと、その人のとり方によっては否定にも肯定にも受け取れるからだ。

 ちなみに、この「やっぱり」という言葉を多用する人は物事を臨機応変に考えられる人だといえる。
つまり、ひとつのことにけっして固執することがなく、サッパリした性格の持ち主なのである。たとえ状況がめまぐるしく変化しても上手に対応することができるだろう。

 しかし、日常生活の中で「やっばり」が多いと、意見がコロコロ変わる一貫性のない性格の人だとみられることも多い。こういうタイプとは面と向かわずに、軽い気持ちでつき合うと案外うまくいくはずだ。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR