「意外と」を好んで使う人はお騒がせ人間かもしれない

 羽目をはずせない真面目人間はたしかに面白みに欠ける面がある。かといって好奇心旺盛で、少々の迷惑はまったく顧みないような人間も、それはそれで困ってしまう存在である。「意外と彼女もやるもんだね」「あの人って意外と面食いなんだよ」「こう見えて意外と凡帳面なんです」このように、もしも相手が会話の最中に「意外と」という言葉を多用していたら、まさにその人物は好奇心が強いお騒がせ人間、の可能性がある。

 「意外と」という言葉には、文字どおり意外性が含まれている。つまり、これが口癖になっているということは、固定観念にとらわれず常に動いていたい、変化していたいという欲望があると考えられるのだ。こういうタイプは先入観にとらわれず、斬新なアイデアを出すのが得意でもある。単なる思いつきの場合も多いのであてにし過ぎるのもよくないが、ビジネスの現場に1人いると「意外と」、重宝するかもしれない。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR