自分のことを名前で呼ぶ女性は自分が大好き

 幼い子供が「あのね、レイコね」と自分で自分の名前を呼ぶのはかわいらしいが、大人になってもその癖が抜けないのか、職場などの公の場でも自分を名前で呼ぶ女性がいる。  

 本人は無意識のうちに口にしているのかもしれないが、周りの人たちからは白い目で見られているはずだ。にもかかわらず、自分を名前で呼ぶのはただ常識がないというだけではない。じつはそんな女性は、自分のことが大好きでしかたがないのだ。こういうタイプの女性にとっては、自分を「その他大勢の存在」の中に置くなどということは考えられない。

 常に、自分を世界の中心に置いておかないと気が済まないのだ。だから、「私」を使わずに自分だけの固有名詞である名前を使ってアピールするのである。それは、大人の会話に割って入って注目を集めようとする子供の行動と同じともいえる。そんな自己愛の強い女性は、子供のように自分の感情をコントロールするのが苦手だ。

 軽くあしらったりするととたんにすねてしまい、面倒なことになりかねない。そうならないように、適当に持ち上げておけば感情を逆なですることはないだろう。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR