いつも出入り口に近い席に座る人が抱えている不安

 講演や講習会の会場、あるいは会議や教室でもそうだが、自分が座る席を自由に選べる場合、出入り口に近い席に座りたがる人がいる。前のほうでもなく、ほかの人とコミュニケーションのとりやすい真ん中でもなく、なぜか出入り口に近いほうを選んでしまうのだ。

 こういう人はじつは、心に何か不安を持っていることがある。火災などの緊急事態が起こった場合に、すぐ逃げられるように出入り口近くの席を選ぶというならわかりやすいが、この撃急事態を広義でとらえてみると、自分がその場にいてもいいのかどうか、自分はその場になじめるのか、その集団に受け入れてもらえるかどうかわからないと、無意識のうちに感じているかもしれない。

 もしもそうであるならば、出入り口からいつでも外に逃げ出せるようにしておきたいという心理が働いて、つい出入り口近くの席を選んでしまうのだ。実際に好きなときに外に出られない場合でも同じだ。出入り口に近い場所にいることで、人は、心に抱えている不安を少しでも解消しようとしているのである。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR