エレベーターの「閉」ボタンを押す人の心理

 エレベーターに乗るとき、多くの人は乗ったらすぐが閉まるのを待つか、階数のボタンを押したあとすぐに「閉」の階数のボタンを押して扉ボタンを押すはずだ。なかでも、しょっちゅう乗っている人ほど「閉」のボタンを押すことが習慣になっている。

 ときどき、自分が降りると同時に扉が閉まるように「閉」ボタンを押しながら出ていく器用な人までいる。こういう行動は、一見他人を気遣う細やかな人のように映るが、じつは違う。放っておいても自動的に閉まる扉をわざわざボタンを押してまで早く閉めようとするのは、アメリカのマイヤー・フリードマン医師によると競争心が旺盛で野心家であり、攻撃的でせっかちなタイプに多いという。

 つまり、エレベーターの「閉」ボタンを押して一刻でも早く扉を閉めようとする人は、イライラしている状態にあると思っていい。会社や自宅のマンション、デパートなどでこういう行動を常にとっている人には、ヘタに近づかないほうが身のためかもしれない。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR