電気通信設備工事担任者 AI・DD総合種 試験勉強の進捗 その1

 最初は、電気回路の問題がほとんど出来ず、絶望的な気分になりましたが、少しずつ勉強を進めていく中で大分解ける問題が増えてきました。過去問を解く勉強を進めるとともに、試験の全体像と基礎知識を手に入れるために『標準テキスト』の学習を進めています。1科目目の「電気通信技術の基礎」(基礎科目)を一通り読み終え、2科目の「端末設備のための技術及び理論」(技術・理論科目)を読み進めています。

 電話の仕組みや機能、ISDN回線といったこの試験の内容が沢山登場してきて、まだまだちゃんとした知識として定着させるのには時間がかかりそうですが、まずは一通り、全試験範囲を網羅したいと思っています。

 実は、勉強に使おうと思っていた3日間の休暇を、遊びに費やしてしまったのですが、過去問の難しさからの逃避という気持ちが強く、これからはしっかりと勉強を進めていきたいと思っています。まずは、3日間は息抜きのために必要な時間と前向きに捉えて、これからの勉強の励みにしたいと思っています。

 今までの高度情報試験もそうですが、最初は無理だと感じてもとにかく最後まで合格を信じて勉強を続けていれば、必ず突破口は見えてくると信じようと考えています。

 試験自体についてですが、基礎科目は、電気回路、電子回路、論理回路、伝送理論、伝送技術の5分野から出題されるので、トータルで6割以上得点すればよい計算になります。この科目は計算問題が半分、知識問題が半分といった感じなので両者をバランスよく勉強していけば合格点に達すると思っています。知識問題は知っているか知っていないかだけなので、しっかりと今から過去問をこなして、約2ヶ月後の試験に備えたいと思っています。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR