平成29年秋期 情報処理技術者試験に向けて ITサービスマネージャ試験のテキストを購入しました。

 春期の情報処理試験が終わり、秋の情報処理試験に向けた準備として、ITサービスマネージャ試験のテキストを購入してみました。ITサービスマネージャ試験は、昨年の秋、ネットワークスペシャリストとどちらを先に受験するか悩んだ試験区分ですが、論文試験を十分に突破するための技術的知識、経験事例が不足していると考え、ネットワークスペシャリストを先に取得することにしました。

 今振り返ってみると、ネットワークスペシャリスト試験を通して身に付いた知識や問題解決力を考えると、この順序で受験することにしたのは正解だったと思っています。実際の試験勉強は、3ヶ月前から始めようと考えているので、まだ先ですが、隙間時間にテキストを眺めながら、試験のイメージや基礎的な知識を仕入れていきたいと考えています。

IMG_5989

 今回購入したテキストの1冊目は、翔泳社から出版されているEXPRESSシリーズの金子則彦著『うかるITサービスマネージャ2017~2018年版』です。このシリーズにはネットワークスペシャリストの受験時にもお世話になりましたが、ITサービスマネージャ試験のものは、2年に1回最新版が発売されるようです。2017年の3月に最新版が発売されたのに合わせて購入しました。午後試験対策に重点を置いているようですが、いわゆる教科書として全試験範囲が解説されているので、まずはこの一冊を読み、基礎知識を定着させながら、午前Ⅱ試験の過去問を解いていく予定です。ちなみに、午前Ⅰはまだ免除期間中なので、免除で受験します。

IMG_4235

 2冊目は、多くの合格者の受験体験記で取り上げられていたiTECの『ITサービスマネージャ 合格論文の書き方・事例集 第4版』です。こちらは、3年ごとに最新版が出ており、今年は改訂が無さそうなので、第4版を購入しました。今回、初めて論文試験区分を受験するので、まずはどのように書けば合格するのかをイメージしつつ、論文のネタとしても活用していきたいと思っています。受験者の多くが使用するテキストであるため、このテキストの例文をそのまま使用することは出来ませんが、自分が実務で経験してきた事例をどのように論文として書いていくかを学ぶために、まずは一度全体を読んでみたいと考えています。高度試験区分の中で、午後1までは論文試験、スペシャリスト試験に違いはありませんが、午後2の論文試験は、スペシャリスト試験に比べると難関という意見と、コツさえつかめば論文試験は短期間で合格できるという意見の両方がありますが、まずは最初の論文区分なので、一発合格を目指して、余裕をもって試験に臨みたいと思っています。



 3冊目として、今月末発売予定のiTEC『ITサービスマネージャ 午後試験の重点対策&専門知識 2017年版』を購入予定です。このシリーズには、応用情報技術者試験以来、情報セキュリティスペシャリスト試験、ネットワークスペシャリスト試験とお世話になっており、このテキストを1冊仕上げることで、合格ラインを越える力が身につくという信頼感があるので、最新版を購入して試験までに仕上げる予定です。他社のテキストに比べ、誤植が多いのが難点ですが、とにかく多くの過去問をバランスよく学習できるので、重宝しています。

 ITサービスマネージャ試験については以上ですが、論文試験の勉強のコツをつかむ意味で、三好先生の『午後Ⅰ対策』、『午後Ⅱ対策』のテキストの該当部分も早めに勉強しておく予定です。まずは、来月に迫ったAI・DD総合種試験の勉強を優先して進めていきたいと考えています。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR