Microsoft Virtual Academyが面白い!

 Microsoftが提供する無料オンライン教育サービスに、Microsoft Virtual Academyがあります。最近、業務で使うソフトウェアの勉強の為に利用し始めたのですが、なかなか面白く、ついついまだ使った事のないソフトウェアについても勉強をしてしまいます。今回はその魅力を少しだけ紹介出来ればと思っています。

魅力その① コンテンツの種類が豊富
 Microsoftの製品に関するコンテンツがとにかく豊富に揃っています。サーバーや仮想化技術、プログラミング開発、システム移行などにはじまり、中には萌えキャラによる販促動画や精神科医の名越康文先生が精神分析の立場から、ソフトウェアに携わる人々の心理を解き明かす、ソフトウェア人類学など、変わり種の講座も用意されています。

魅力その② 動画ですぐに使えるテクニックを学ぶことが出来る

 各ソフトウェアについて、実務に耐えるテクニックやノウハウを、エンジニア経験・教育経験ともに豊富な講師たちから動画によって学ぶことが出来ます。SEのようなIT業界の専門家にとっては、新しい製品についての知識をいち早く学ぶ場として活用でき、それ以外の業務に携わる人でも、必要に応じて、そのソフトウェアを使うのに最低限必要となる知識を短時間で学ぶことが出来ます。

魅力その③ Microsoft認定資格の勉強の補助として
 Micorosoftの認定資格であるMCPやMCSEを目指す際、いわゆる赤本や黒本といったテキストを使って勉強したり、評価版ソフトウェアをインストールして、操作を勉強するという方法がとられてきましたが、このサイトでは、実際の操作についてMicrosoftの推奨的な方法を、動画を通して学ぶことが出来るため資格勉強の補助としても役に立つと思います。日本語コンテンツも豊富で、初歩的で販促向けのものから、専門的で体系的なものまで、各ソフトウェアに目的ごとに異なるコンテンツが用意されているので、試験範囲の技術についてまずはこのサイトで勉強してみては如何でしょうか。私がMCSE2003を取得した頃は、英文の公式テキストを和訳したもので、訳文が読みにくかったり、紙の上で操作画面を見ながら学んでいたので、とても退屈だったりしたのですが、あの頃このサイトがあったら、かなり勉強も楽しかっただろうと思います。

魅力その④ 世界中の受講者と競うランキング機能
 各講座は、動画コンテンツの視聴、確認テスト、ドキュメント・評価版などのダウンロードといったアクション一つ一つにポイントが設けられており、講座内の全ポイントを取得すると修了証の発行とボーナスポイントが貰えるようになっています。このポイントの総計を他の受講者と競うラインキング機能も学習のモチベーションを高める仕組みの一つであると言えます。現時点では、世界中で260万人のユーザがこのサイトで学んでおり、全ユーザーの中での自分の順位、自分の国での順位を上げるのも楽しいです。日本でのユーザは、まだまだ少ないようですが、今後日本語のコンテンツが充実するにつれ増えていくのではないかと思っています。

 私も、現在、日本では第3位(10,939ポイント)までくる事が出来ましたが、全世界ランキングでは635位であり、総合ランキング上位のユーザーは桁違いのポイントを稼いでいるので、まだまだ頑張りたいと思っています。まずは日本で一番を目指して頑張る予定です。ランキングには、全期間以外にも、月間、週間ランキングがあるので、短期間で集中して勉強する場合でも楽しめるようになっています。

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR