「学童心理福祉オープンⅠ」の教材が到着しました。

 先日、ご紹介した「スポーツ心理士資格認定講座」と同時に、ポンパレで購入していた通信講座「学童心理福祉オープンⅠ」の教材が到着しました。

2015-02-08


発達心理学や臨床心理学の知見を取り入れながら、子供の心理と福祉について学べる講座なのですが、教材には付録として、家庭整膚講座のテキストが付いてきます。全身の疲れやアレルギーをお持ちの方のケアについても学べるようになっています。修了にはテキストの項目に対応した5つの課題の提出が必要で、選択式問題に加え、論述問題もあるのでしっかりと勉強していきたいと思っています。テキストのテーマは以下の通りです。

 第1章 学童総論
 第2章 社会福祉論
 第3章 児童福祉論
 第4章 児童心理論
 第5章 児童臨床心理論

 学童支援について、学童保育にはじまり、社会福祉、児童福祉についての我が国の取り組みの流れを踏まえた上で、児童心理や臨床心理について学んでいくようです。

 余談ですが、今週末は、「スポーツ心理士資格認定講座」の勉強に取り組んでいました。資格認定試験は、『スポーツメンタルトレーニング』と『心理カウンセラー・アートセラピスト公式テキスト』の内容全般に渡った内容で、100問からなります。結構時間がかかりましたが、とても勉強になりました。スポーツの選手自身が自分の現状と目標を明確にするための心理テストにはじまり、リラクセーションや試合に向けてのテクニック(サイキングアップ、ゾーン・フロー、セルフトーク、サイキアウトなど)について学びました。そして、『心理カウンセラー・アートセラピスト公式テキスト』はコンパクトではありながら、心理学、カウンセリング、アートセラピーについて大変幅広く扱っていてとても感動しました。精神分析の項目で、阿闍世コンプレックスを取り上げているのはとても驚きでした。

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR