トレーディング講座 lesson4を受講しました。

 今回のライブレッスンは、前回学習したローソク足について、チャートでの値動きのパターンをいくつか学びました。パターンは一つの根拠に過ぎず、実際に投資を行うためには、いくつもの根拠をもとに行うことの大切さについても理解できました。

lesson4 メモ

ローソク足から値動きを読む方法

寄引同時線 相場が上か下か迷っている状態


トンボ: 上昇トレンドでの売り気配

リバーサル: 下降トレンドでの買い気配

ハンマー: 下降トレンドに出た場合は反発の可能性

首つり線: 上昇トレンドに出た場合は反発の可能性

シューティングスター: 上昇トレンドに出た場合に反落する可能性

逆ハンマー: 下降トレンドに出た場合に反発する可能性

つつみ足: それまで下降傾向にあった値動きが、それを包み込むように一気に上昇すること。

演習 売る ハンマーが見られると考えられる。

Q&A

予想した値動きを裏付けるできるだけ多くの確証のもとに、投資を行う。


日数の幅はどれくらいを目安にするのか?
一日足を基準に考える。

自分が見ている基準よりも長いスパンのチャートも見ることが大切。

指値のみで買うことの利点は?

無駄なコストを下げるため。

エグジットについて?
ローソク足=エントリーの機会では無い。

指値はテクニカル分析で行うのか?
そうです。

小さな値動きではなく、大きく相場が動く時に、ちゃんと自分が投資をしていること。

 また、講座の理解度をテストするクイズの第一回が公開されていたので、挑戦してみました。講義の記憶が思い出され、ちゃんと回答出来たのは嬉しかったです。クイズは全部で4回、その後終了確認テストがあるので、頑張りたいと思います。次回の講義は、水曜日の20時からですが、それに先立ち、Lesson3のオンデマンド講義を視聴し、ファンダメンタル分析についても理解を深めておきたいと思っています。

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR