平成27年度 第1回心理相談専門研修 2日目

 心理相談専門研修2日目に行ってきました。今日は「メンタルヘルスケア技法」として、様々な心理療法を学ぶ一日でした。講師も昨日は、産業医の先生が多かったですが、今日は臨床心理士をされている大学の先生が多かったです。

 午前中一コマ目は「自律訓練法」についての講義で、実際に背景公式、第一公式、第二公式を体験しました。とても心地よく眠気を誘われるワークでしたが、自らの心身についての気付きも得られる大変役立つ技法でした。修得には、ある程度の練習が必要な技法であるため、今後より詳しく学ぶ機会があればと思っています。

 二コマ目は、「交流分析の基礎」としてエリック・バーンが創始した交流分析の理論について学習しました。人間が人生について戴いている思い込みである「人生脚本」はいつでも変更が可能であるというお話を井の頭線から渋谷に行くか、新宿に行くかに例えた先生のお話が印象的でした。一人の人間の心(パーソナリティ)をCP(規範的な親)、NP(養育的な親)、A(大人)、FC(自由な子供)、AC(順応的な子供)という5つの自我状態から分析する交流分析ですが、AC(順応的な子供)の自我には、他人の指示に従順に従うという傾向以外に、反発や反感を感じる傾向も含まれているという視点は、とらわれのないFCの自我状態と混同しやすいので、勉強になりました。

 お昼休憩は、昨日と同じく駅の近くまで食事に行ったのですが、休日のせいかとても空いていました。
2015-05-23

 本日は、日替わりメニューのうなぎ丼とソバのセットを食べてきました。会場の冷房が強めだったこともあり、温まりました。

 午後の3コマ目は、面接技法として、ベテランカウンセラーの先生による講義とカウンセリングのデモンストレーションがありました。カール・ロジャーズの積極的傾聴を中心としたカウンセリングでしたが、クライアント自らの成長に役立つための傾聴の仕方からは学ぶことが多かったです。デモンストレーションの後は、参加者同士による傾聴の練習が行われました。経験者が多かったこともあり、皆さん大変上手に話を聴かれていたので、私ももっと練習して上達したいと感じました。
 本日最後の4コマ目は、同じ先生による講義で、子供たちの心理的な問題にはどのようなものがあるのかについて、長年の経験をもとにしたお話を聴くことが出来ました。

 明日は、いよいよ最終日なので、最後までしっかりと勉強してきたいと思っています。

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR