仮想化基礎検定を受験してきました!

 思い切って申し込んだ「仮想化基礎検定」を受験してきました。
 試験会場は、武蔵小杉にある株式会社ブレイクスルーのテストセンターでした。以前何度から利用したことのある会場ですが、最近ビルが移転したようです。現在は武蔵小杉駅北口正面のKMSビル7Fにあります。
2015-06-09 2015-06-09
2015-06-09
移転して変わった点は、以前は喫煙所が試験会場内にあったのが、一度B1まで行かなければいけなくなった点です。喫煙者の方は、北口左手にある喫煙所を利用することをお勧めします。また武蔵小杉駅では、横須賀線で来た場合、南武線のホームを突っ切って5分程度移動する必要があるので、時間に余裕を見て到着した方がいいです。特に、今日は帰りがけ、下り線で、車内で刃物をもった男が暴れていた影響で、20分前後の遅延が発生していたので、下りも注意が必要です。公共の場で見ず知らずの人がいる場所でそのような振る舞いをしてしまうことがまず問題ですが、大事件が発生しなかったことを祈ります。あとは、JRの改札口を出ると西口、東口が近くにあるので、間違えないよう注意が必要です。大きなガラス窓の両脇に下り階段があるのが北口です。

 前置きが長くなりましたが、試験は、14時30分から90分で、20分程度余る感じでした。結果は87.5%で無事合格でした。少し、勉強時間が短めだったので、心配でしたが、前日にまとめてテキストを読破し、今日の午前中に理解が足りないと思われる部分を中心に2回程度復習を行いました。詳細な受験記は以下の通りです。

日時: 2015/06/09 19:28
名前: takemaster
参照: http://ethicalhedonism.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

受 験 日 : 2015/06/09
合  否 : 合格
試験番号 : KSK-001
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 87.5%
合 格 点 : 70%
問 題 数 : 80
出題形式 : 単一選択
試験時間 : 90分
勉強期間 : 15時間程度(昼休みと前日半日、計12日間)
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あるよ、5年以上。ベテランと呼んでよね。
勉強前のレベル : この試験分野の基礎知識は持っている
本試験のレベル : ある程度の基礎知識は必要だが、初心者向けの試験。しっかり勉強すれば初心者でも合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

セクション1:仮想化の概要 正答率:86.7%
セクション2:仮想化関連技術ーネットワーク 正答率:90.0%
セクション3:仮想化関連技術ーストレージ 正答率:75.0%
セクション4:仮想化関連技術ーCPU 正答率:90.0%
セクション5:仮想化のアーキテクチャ 正答率:81.3%
セクション6:仮想マシンの管理 正答率:100.0%
セクション7:仮想化に関連したサービス 正答率:100.0%

【 使用教材 】

『仮想化基礎 ー仮想化基礎検定対応テキストー』 パソコン整備士協会
仮想化基礎検定公式ページの例題

一押し >>> 『仮想化基礎 ー仮想化基礎検定対応テキストー』 パソコン整備士協会

【 勉強方法 】

 対応テキストを一通り読んで理解しました。その後、自分の理解が不十分だと思われる箇所を中心に2回程度復習しました。また、公式ページにある仮想化基礎検定の例題(10問)を解き、出題の傾向を把握しました。

【 試験の感想 】

 受験要項にある通り、対応テキストからの出題が7割、それ以外の発展的な問題3割という感じでした。合格ラインが7割以上であるため、対応テキストについては熟読しておく必要があります。ギガビットイーサネットの規格、MACアドレスのビット数と意味については明確にしておくといいです。発展的な問題は、大きく2種類に分かれるような気がします。1つ目はネットワークや他の仮想化に関する知識の問題です。こちらは知っているかいないかなので、仮想化製品を利用した経験、IT知識全般が正答を左右すると感じました。私の場合、HAクラスタを組んで、相互にハートビートパケットをやりとりして死活監視を行う際、ネットワーク障害で、運用系のサーバが落ちていないのに、待機系サーバが起動してしまう現象の名前が分からなかったので悔しかったです。
 2つ目は、仮想化技術を用いて、実際に現行のシステムをリプレイスするような、提案に関わる問題で、こちらはちゃんと考えれば答えが出せる問題だと思いました。

【 受験者へのアドバイス 】

 対応テキストを、理解中心で読み込むのが一番大事だと思いました。細かい差異を問う問題もあるので、ちゃんと仕組みを理解しておくことが大切です。あと、例題は類問が何問か出ていたので、必ず一回は解いた方が良いです。

【 次のチャレンジ 】

VMware VCAC510
VMware VCAD510
VMware VCAW510
医療情報技師
応用情報処理試験

【 その他、何かあれば 】

本人確認書類が必要なので、忘れずに。

2015-06-09
 受験記に書いた、HAクラスタのハートビートパケットの途切れを、サーバ障害かネットワーク障害か見分ける仕組みをデータストアハートビートというらしいです。勉強になりました。また、基本情報技術者を受けた後で、この仮想化基礎検定を受験したので、一台のPCの中でのOSとプログラムとのやり取りや制御の流れの延長線として、VMMと仮想マシンの関係が理解出来た点は自分にとって大きな収穫でした。また、一つの仮想化製品にとらわれずに仮想化全般に関する体系的な知識を得られた点でも大きな意義がありました。

 試験会場でチラシを見て、今後受けたいなと思った試験をいくつか紹介します。

・スマートフォン・モバイル実務検定
2015-06-09
 スマートフォン関係の試験は、Androidの開発者向け試験しか受けたことが無いので、ユーザ側の知識を試す意味で、いつか受けてみたいと思っています。

・Ruby技術者認定試験
2015-06-09
 こちらは、以前から気になっていたので、是非受験したい試験です。

・Cloudera University
2015-06-09
ビックデータに関する研修と資格のようです。ビックデータについては、gaccoでも学んだことがありますが、一度専門的に勉強したい分野のひとつです。

追記
2015-06-09

 試験後は、合格の余韻を楽しみながら武蔵小杉駅北口にあるベッカーズに行ってきました。少し時間が早かったのですが、ザ・ロックマウンテン・チーズバーガーの看板に抗えず、入店していました。ビーフがかなり本格的で食べごたえがありました。試験会場からも近いので、IT試験を受ける際の時間調整には最適だと思いました。次は、VMware社の認定資格であるVCA資格を目指してみたいと思っています。

関連記事:
仮想化基礎検定の公式テキストが到着しました。
仮想化基礎検定の受験申し込みが完了しました。

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR