本日の学習結果 第131夜 「認知行動療法('14)」ケース・フォーミュレーション

 認知行動療法の実際の介入を行う前のアセスメント段階の分析技法として、ケース・フォーミュレーションについて学習した。問題となる行動を引き起こす悪循環について、セラピスト、クライアント、関係者(クライアントの家族など)からの聴き取りや行動観察を通して、図式化していくことが、介入の効果を高める上でも大切となることが理解出来た。

本日の学習結果

放送大学
認知行動療法('14) 第4回  認知行動療法のプロセス(2)—ケース・フォーミュレーション

本日受けた講義の合計 1コマ
今までに終えた講義の合計 471コマ
通信制大学通算 772コマ

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR