無料のe-learningを受けてみる!第5回 「青年海外協力隊講座 その5」

 「青年海外協力隊講座」の第5回は「5. ボランティア体験と社会還元」を受講しました。最終回となるこの講座では、青年海外協力隊としての活動を帰国後どのように生かすのかについて考えました。

 以下、私が提出したレポートです。

課題:
青年海外協力隊員としての活動経験を帰国後どのように活かせると思うか、その意義とともにあなたの考えを述べて下さい。(字数制限なし)


 現在、国立大学法人にて、情報技術担当の職員として勤務しており、青年海外協力隊においても、主にサーバ、ネットワークの構築・運用、ユーザへのサポート・技術教育といった分野で貢献していきたいと考えております。派遣国では、文化の違いを越えて、その国の人々のユーザ教育とサポートに取り組んでいきたいと考えています。

 その中で、特に発展国、開発途上国を問わず昨今問題となっている情報セキュリティに関する意識の向上とウィルス対策ソフトの適切な利用、サーバー・ネットワーク側でのセキュリティ対策技術の伝達に力を入れていきたいと考えています。

 なぜなら、国境を持たないインターネットの世界では、どの国にあるコンピュータであれ、セキュリティが甘いコンピュータが、サイバー犯罪の被害にあったり、DDOS攻撃のように、踏み台攻撃に利用されるといった問題が起こりうるからです。また、迷惑メールの増加の原因の一つには、セキュリティの甘いメールサーバが中継サーバとして用いられる事が多いことも挙げられます。その為、情報セキュリティの意識向上と技術知識の共有は、国際的な規模で求められる問題だと考えられるからです。

 また、インターネットの国境を持たないという性質は、危険性と同時に、大きな可能性も秘めていると考えられます。インターネットを通じた異文化交流、あるいは商取引の可能性、そこに派遣国の人々が安全に、そして平等な形で参加出来る支援をする事も情報技術による支援という事を考える際、重要なのではないかと考えております。

 以上のような事柄を踏まえ、帰国後の勤務、地域活動においては、派遣国での人々とのつながりを生かし、日本の地域社会と派遣国の地域社会の文化交流をインターネットや電子メール・SNSなどを大きく活用しながら、行っていくと同時に、日々刻々と変化する情報セキュリティの考え方・技術情報の伝達・交換が出来る仕組み作りにも関わっていければと考えております。
得点:10点



 五つの講座修了後、一月程度で、立派な修了証が送られてきました。青年海外協力隊に興味をお持ちの方は是非、挑戦してみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR