平成28年春期 情報処理技術者試験(情報セキュリティスペシャリスト)を受験してきました!

 今日は、待ちに待った情報セキュリティスペシャリスト試験を受験してきました。会場は、東横線の白楽駅から徒歩15分ほどの神奈川大学でした。今日は、午前中から天気が崩れ、雨と風の吹きすさむ天気でしたが、なんとか無事試験を受けることが出来ました。
2016-04-17  2016-04-17

九州の会場は地震の影響で、試験中止となり次回への振り替えとなったとのことなので、九州地方の方の無事と合格をお祈りしています。

2016-04-17  2016-04-17

 情報処理試験というと当日の受験率の低さが話題になったりしますが、私が受験した教室は午前2試験で、2割くらい、その後の午後1、午後2で1割ずつ人が減っていた印象でした。天候の悪さも影響しているのかもしれません。

2016-04-17

 今回は、前回の試験で応用情報技術者に合格していたので、午前Ⅰ試験は免除となり、午前Ⅱ試験からの受験となりました。いつもより1時間遅く、会場入り出来るのと、情報セキュリティの勉強にだけ集中できたので、この免除制度は有り難いと思っています。

 午前Ⅱ試験は40分で25問の問題を解く択一試験でした。過去問と同じ問題が11問と、少し視点を変えた類似問題が9問、新しいセキュリティ技術の問題が5問くらいといった感じの構成でした。合格点は取れていると思いますが、もう少し詳細な理解に重きを置いた過去問演習を行うべきだったかなと感じています。

 お昼は、事前に購入してきたコンビニおにぎりで軽く済ませ、前回同様、腹痛予防のストッパも飲み、体調的にはかなり良い状態で午後試験に臨むことができました。

 午後Ⅰ試験は、試験開始後、まず問1のWebアプリケーションの問題を見て、問2、問3を解いてからそちらが厳しそうなら問1に挑戦する作戦にしました。私の場合、問題選択のマーク欄は、先に記入するようにしています。問題を解くのに集中するとかなりロジカルハイな状態になるので、最後の最後で、マークをしたのかどうかも忘れてしまうのが怖いからです。午後Ⅰ問2は、メール転送に関するかなり標準的な問題でしたが、第三者中継を中間メール転送としてしまったり、今回はケアレスミスが少し心配です。SPFレコードの弱点についての出題で、攻撃者が正規のドメインを取得し、DNSにSPFレコードを指定することで、スパムメール攻撃を成功させる方法については既に出題がありましたが、今回はその変形版で、DNSキャッシュポイゾニングとの組み合わせで攻撃を行う方法についての出題がありました。続く、問3では、スマートフォンアプリ開発におけるサーバ証明書の動作検証について出題されていました。こちらの問題は、サーバ証明書の仕組みを理解していれば解きやすい問題のような気がしました。結局この2問を解き終え、30分前に退出しました。2問合わせて、6割を超えていることを祈るばかりです。

 午後Ⅱ試験は、問1がCSIRT構築とセキュリティ設計、問2がテレワークのセキュリティに関する問題で、どちらも面白そうな内容ですが、VDIについての出題もある問2を選択しました。こちらはクラウドサービスの利用、モバイルPCのセキュリティ設定、VDIを用いたシンクライアントへの移行、セキュリティガイドラインの改訂と全般的な内容でしたが、なんとか合格点は取れているのではと感じ、こちらも30分を残して退出しました。

 会場を後にし、猛烈にお腹が減っていたこともあり、家系ラーメン元祖の一つである六角家ラーメンに行ってきました。
2016-04-17  2016-04-17

 高度情報処理試験のIPAの模範解答発表、合格発表は、2ヶ月程度先なので、まずは大手資格予備校の解答速報や、2chの情報セキュリティスペシャリスト版などで、大体の採点をしてみようと思っています。受験された皆さんもお疲れ様でした!

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR