武蔵野大学「心理療法」単位認定試験 受験記

 試験時間は70分、問題数は40問の択一式でした。エクササイズからの出題も多く、テキストの該当範囲をしっかりと学習していれば解ける問題が多かった気がします。あまり、判断に迷う曖昧な問題もありませんでした。時間的にも、かなり余裕があり、見直しを含めて30分程度で提出しました。

 結果は、40問正解の100点、S評価を戴くことが出来ました。特に「対象関係論」の理論については、まだまだ理解が足りず少し不安でしたが、この結果は非常に嬉しいです。

 この講義のテキストは、かなり網羅的に各心理療法が取り上げられており、講義で扱われなかった章についても今後しっかりと学習していきたいと思っています。また、テスト科目も残すところ「臨床心理学」1科目となったので、レポート科目についても頑張りたいと思っています。

この科目のテキスト

氏原寛・成田善弘 共著 『臨床倫理学① カウンセリングと精神療法[心理治療]』 培風館

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR