本日の学習結果 第157夜 「哲学への誘い」受講完了

 放送大学「哲学への誘い」のテキスト学習が完了しました。内容としては、哲学史の流れをたどるといった形式ではなく、ヘロドトス、トゥキュディデスの歴史書、ギリシャ悲劇という題材をもとに、プラトンが取り上げられたり(第Ⅰ部)、ヘーゲル『法の哲学』における近代と道徳、家族の考え方(第Ⅱ部)、文学や芸術との哲学の関わり(第Ⅲ部)が取り上げられており、学習者の興味をひく方法で哲学への入門を述べたものでした。講義を担当する佐藤康邦先生の自由な思索の旅を辿ることで、自然と哲学と現実とのつながりについて考えさせられる講義でした。

本日の学習結果

放送大学
哲学への誘い 第1回 第Ⅰ部 古代ギリシアの知恵 ヘロドトスの『ヒストリア』  済
哲学への誘い 第2回 第Ⅰ部 古代ギリシアの知恵 トゥキュディデスとペロポネソス戦争 (上) 済
哲学への誘い 第3回 第Ⅰ部 古代ギリシアの知恵 トゥキュディデスとペロポネソス戦争 (下) 済
哲学への誘い 第4回 第Ⅰ部 古代ギリシアの知恵 ギリシア悲劇 済
哲学への誘い 第5回 第Ⅰ部 古代ギリシアの知恵 恋愛小説としてのプラトン 済
哲学への誘い 第6回 第Ⅱ部 近代国家の現実と哲学 ヘーゲル『法の哲学』の位置と抽象法(『法の哲学』第一部) 済
哲学への誘い 第7回 第Ⅱ部 近代国家の現実と哲学 道徳(『法の哲学』第二部)と家族(『法の哲学』第三部人倫①) 済
哲学への誘い 第8回 第Ⅱ部 近代国家の現実と哲学 市民社会(『法の哲学』第三部人倫②)  済
哲学への誘い 第9回 第Ⅱ部 近代国家の現実と哲学 国家(『法の哲学』第三部人倫③) 済
哲学への誘い 第10回 第Ⅱ部 近代国家の現実と哲学 日本の近代国家  済
哲学への誘い 第11回 第Ⅲ部 文芸と哲学 ドストエフスキーの文学と哲学  済
哲学への誘い 第12回 第Ⅲ部 文芸と哲学 日本近代文学と哲学 済
哲学への誘い 第13回 第Ⅲ部 文芸と哲学 絵画と哲学(1)様式の基礎 済
哲学への誘い 第14回 第Ⅲ部 文芸と哲学 絵画と哲学(2)遠近法の諸問題①  済
哲学への誘い 第15回 第Ⅲ部 文芸と哲学 絵画と哲学(3)遠近法の諸問題②  済

本日受けた講義の合計 15コマ
今までに終えた講義の合計 112コマ
今年度の取得単位の合計 32単位
通信制大学通算 910コマ

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR