武蔵野大学での学習方法について

 コメントで武蔵野大学での学習方法について、ご質問戴いたので、参考までに入学からこれまでの学習について、まとめておきたいと思います。

 テスト科目については、教科書の章ごとに出題されるエクササイズという確認テストを全て受け、最後に単位認定試験を受験する形式です。そのため、平日は教科書をひたすら読むことにあてて、週末にまとめてエクササイズと単位認定試験を受験するというスタイルで勉強しました。テスト科目32単位に費やした日数は、1ヶ月程度ですが、内容的に以前、大手前大学で1年間勉強していた内容と重なっていたこともあり、この期間となりました。ゼロから心理学を学ぶ場合は、もう少し時間がかかるかもしれません。

 一方レポート科目は、なかなか着手できずにいましたが、最近はなるべく毎日1本は提出できるように頑張っています。テスト科目とテキストが共用のものもあるので、そういった科目は記憶が新鮮なうちに、書き上げるようにしています。参考文献は、自分で興味を持って購入したものなどを利用していますが、大学のテキストのみでも最低限のレポートは書けるようなっているようです。

 通信制大学の勉強で一番辛いのは、やる気の出ないときですが、私の場合、ブログに学習記録をつける。手帳に、レポートの作成予定を書くなどして、毎日少しずつでも進捗があるように努めています。以前、心理学のスクーリングに参加した際、毎週レポートの作成の課題が出るのですが、その時の講師の先生がおっしゃっていた「書き続ければいつかは終わる」という一言を、ふと思い出しながら、レポート書きにいそしんでいるところです。

偉そうなことは言えませんが、参考になれば幸いです。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR