第四級アマチュア無線免許講習会 1日目に行ってきました。

 第四級アマチュア無線免許講習会の1日目に行ってきました。
2016-09-17 2016-09-17 2016-09-17
 会場は、JR巣鴨駅から徒歩10分のところにあるJARDハム教室でした。私が受付を済ませた時点で50名ほどの教室が満員といった感じだったので、その人気の高さが伝わってくる講習会でした。参加者の中には、小学生の子供達もいて、ふりがなのない教科書の大人でもちょっと気後れする法規の授業をしっかりと理解しているのが凄かったです。

 1日目は法規についての講義で、午前午後にわけて、90分の講義が4回行われました。講義は教科書の内容に沿って行われ、途中で、最終日の修了試験を想定した模擬問題を解くというスタイルでした。修了試験は、法規10問、無線工学10問で、それぞれが60点以上で合格ということです。かなり高い合格率のようですが、たまに落ちてしまう人もいるようなので、かなり気合を入れて取り組みました。先生は、全員に免許を取ってもらう事が一番というポリシーだったので、ところどころ難しい問題では、小学生にもわかる例えを使って、問題の解き方を教えていました。「公共の福祉」は「ハム」は「占有」は、「トトロ」といった感じでした。これが結構大人にも役に立つノウハウばかりだったので、1日目を終えるころには、法規に関してはかなり自信がつきました。

 講習会で使う模擬問題集は、法規、無線工学合わせて、10問が12ページの計120問からなり、そのうち全く同一の問題が2回づつ出題されているので、実質は60パターンの問題のうち20問が修了試験で出題されるようです。選択肢の並び方などは、模擬問題と異なっているようなので、特に明日しか勉強時間の無い無線工学を中心に復習しておきたいと思っています。

 講義終了後には、JARLの講師の方から、アマチュア無線の開局方法や無線機の選び方、アマチュア無線の楽しみ方について1時間程度お話しを聞けるビギナーズセミナーが開催され、私も是非、無線機を手に入れて、アマチュア無線を楽しみたいという気持ちになりました。

 ちなみに、昼休憩の時間が50分しかなく、会場は8階でエレベータでの移動のため、事前に昼ご飯を購入していった方が良いようです。養成講習は遅刻厳禁なので、時間きっかりに進みます。また、巣鴨周辺には喫煙所がありませんが、講習会場には喫煙所があるので、喫煙者には有り難い環境でした。
2016-09-17 2016-09-17
 少し、明日の予習をして今日はしっかりと休みたいと思っています。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR