プリンキピア:マスター・オブ・サイエンス 17世紀の科学革命で大活躍する方法

 17世紀のヨーロッパを舞台に、科学者達の研究生活を描いたシュミレーションゲーム「プリンキピア:マスター・オブ・サイエンス」(PRINCIPIA: Master of Science)をプレイしてみました!

2016-09-25 (4)

 このゲームは、Steamで900円で販売されているのですが、元になっているのはフリーゲームの「プリンキピア」です。昔、遊んだときのことをふと思い出して、改めて遊ぼうと探してみたところ、この最新版が公開されている事を知り早速購入してみました。

 まずは、このゲーム最強とも言えるアイザック・ニュートンでプレイを開始。光学、数学、力学に優れた才能を持ち、どんどん研究が進むキャラクターで、なおかつ活動可能な寿命も長いので、初心者にはお勧めのキャラクターです。
2016-09-25 (5)

 このゲームは、ターン制で同時代の科学者達もプレイヤーと同時に研究を進めていきます。歴史上でもニュートンと微積分法の発見をめぐって争ったライプニッツや、ニュートンの師アイザック・バーロウ、ロバート・フックやロバート・ボイル、クリスティアン・ホイヘンス、ハーレーなどもどんどんと研究を発表していきます。

 このゲームでは、新たな発見によって名声を高め、学会での要職につくのも醍醐味のひとつで、今回は光学の分野で業績を上げ、数学で成果を上げたことで、ロンドン王立協会の実験主事、事務局長と出世し、最後には会長に選任されることが出来ました。
2016-09-25 (10)

 その後はさらに、力学の研究を進め、アン女王からナイトの称号を授けられました。ここからは史実とは違いますが、パリに渡り
パリ科学アカデミーでも会長になりました。
2016-09-26 (4)

 そして、フリーゲーム版には無かったこのゲームの最終目標である「プリンキピア」の執筆に向けて、他の分野の勉強を進めていきましたが、なかなか肝心の「地動説の完全な証明」の研究テーマが登場せず苦労しました。まず、数学の研究の残りを達成した後、工作技術の能力を最高にして、光学の分野で望遠鏡を作成し、天文学の研究を進めていきました。するとついに・・・
2016-09-26 (6)

 最後の研究テーマが登場しました。
2016-09-26 (12)

 研究成果を「プリンキピア」として公刊し、エンドロールを迎えることが出来ました。
2016-09-26 (13)


2016-09-26 (15)

 最終的なスコアはこんな感じです。
2016-09-26 (16)

 ゲームシステムとしては、前作の「プリンキピア」を継承しつつ、グラフィック、音楽面やイベント面で大幅な進化を遂げており、大変満足できる作品でした。作者の方は脱サラして、この作品を作り上げたとのことなので、とても意気込みとこだわりを感じさせる仕上がりです。少し変わったシュミレーションゲームに挑戦したい方にもお勧めの作品です。(攻略情報などは、前作プリンキピアの攻略ページであるプリンキピア攻略 - ゲーム攻略地帯が大変参考になります。また前作、プリンキピアは無料でダウンロード出来るので、興味のある方はまずはこちらを遊んでみて下さい。)

 ゲームモードでライバル達が、休養しか行わない「怠惰」モードが選択できるので、なかなか自分の研究を発表出来ない!ともどかしい人にはお勧めです。ただ、ゲーム性は無くなってしまうかもしれません。

 まずは、ニュートンを終え、現在は生物学と顕微鏡で有名なアントン・レーウェンフックでまったり、生物の観察を楽しんでいるところです。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR