武蔵野大学 「産業・組織心理学」単位認定試験 受験記

 4本目のレポート返却直後の学習内容の記憶が新しいうちに受験しました。試験時間は60分、30問の択一式でした。試験範囲は、レポートの範囲と同じく、テキストの1章~3章まででした。同じような理論も多く、人名問題などには少し時間がかかりましたが、見直しを含めて30分で提出を行いました。

 結果は、1問不正解の97点、最終評価はSでした。試験形式の科目では、レポートの採点が90点を越えていなくても、最終的な試験結果が良ければS評価を貰うことができるようです。ただし、4単位科目はレポート提出が3本+単位認定試験または単位認定レポートの提出が必要なため、最短でも半年程度の学習期間が必要とされるので、早めの着手をお勧めします。

この科目のテキスト


佐々木土師二編『産業心理学への招待』有斐閣ブックス 1996年

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR