原田まりる著『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』ダイヤモンド社を読了しました。

 先日購入した原田まりる著『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』を読了しました。
1  
 著者は、グラビアアイドルやゲームタレントとしても活躍されていた原田まりるさん。とっても綺麗な方ですね。
そして、本の方もとても素晴らしかったです。京都を舞台に、ニーチェ、キルケゴール、ショーペンハウワー、ハイデガー、ヤスパースといった実存哲学を代表する哲学者と17歳の主人公が対話をするという主軸は、哲学の解説としてしっかりしていて、なおかつ読ませる工夫が随所になされていてよかったです。あと、京都の哲学スポット、甘味、カフェなどが沢山登場するのも、興味深かったです。学生時代を京都で過ごした著者だからこそ書ける一冊だと思いました。

 巻末には、本編に登場した哲学者の解説と名言がまとめられていて、けっこう印象に残る一言も多かったです。私が気に入ったのは、「祝福できないならば呪うことを学べ」(ニーチェ)、「幸せの扉は外に向かって開くので、突進しても開かない」(キルケゴール)、「愛はこの世における静かな建設」(ヤスパース)などです。

 これを機会に少しずつ哲学の本も読んでいければと思っています。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR