大手前大学スクーリング「臨床心理学実習」4日目

 夕方から、大分雨が強くなってきましたが、なんとか無事「臨床心理学実習」のスクーリング4日目が終わりました。

 午前中、1コマ目の講義は、ストレスマネジメントについて。ストレスという概念を最初に生理学的な分野で用いたのはセリエですが、心理社会的ストレスについての研究には、人生を通してのライフイベント(配偶者の死、離婚、別居、結婚など)のストレスを数値化したライフイベントストレス研究や日常の厄介事(ハッスル)によるストレスを研究するデイリーハッスル研究あることなど、理論的な部分について学習しました。

 2コマ目では、ストレスマネジメントの実践的な療法の一つとして、動作法の演習を行いました。筋肉を収縮させることによるストレス軽減のワークを行ったのですが、自分一人で行う場合と援助者がいる場合では、効果の実感が大きくことなることが体験できました。特に、力を抜いて相手に支えてもらう場面では、如何に相手を信頼するかが力を深く抜けるかに関わっていることが体験でき、他のカウンセリング技法におけるクライエントとカウンセラーの関係とも共通する部分を体を使って経験できたのが良かったです。またその他のストレスマネジメントの理論として、認知の歪みを修正することによって、ストレスを軽減する認知療法や行動改善による行動療法についても学びました。

 午後の3コマ目では、相手も自分も大事にするコミュニケーションの方法として、アサーションを学びました。ウォルピによる戦争神経症治療の理論の一つとして出発し、公民権運動や社会的マイノリティの地位向上といった流れの中で、広く知られるようになった理論で、自分中心で相手を攻撃するアグレッシブなコミュニケーションや自分より他人を尊重し、自分の意見を押し殺してしまうノン・アサーティブなコミュニケーションに陥ることなく、アサーティブなコミュニケーションを目指すものです。

 4コマ目では、実際のワークを通じて、アサーティブなコミュニケーションとはなんなのかを体験し、またアサーティブになれない原因とはなんなのかについてチェックリストを用いた勉強を行いました。
 5コマ目は、この二日間のまとめとして、小レポートを作成しました。

 次回は、少し間が空きますが、11月に5日目、6日目があり、ユング心理学とアートセラピー、箱庭療法についての講義があるので、少し予習ができればと思っています。そして、再来週には、「心理学実験・実習」のスクーリングも始まるので、こちらもしっかり勉強してきたいと思っています。

本日の学習結果

臨床心理学実習 第16回 ストレスマネジメント(1) 済
臨床心理学実習 第17回 ストレスマネジメント(2)、動作法  済
臨床心理学実習 第18回 アサーション(1) 済
臨床心理学実習 第19回 アサーション(2) 済
臨床心理学実習 第20回 小レポート作成 済

本日受けた講義の合計 5コマ
今までに終えた講義の合計 234コマ

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR