武蔵野大学通信教育課程 単位認定試験で気を付けたいこと

 無事、履修単位が取得できたので、武蔵野大学での単位認定試験で気を付けておきたい点をまとめておきたいと思います。

1.単位認定レポートと単位認定試験の違い
 単位認定の方式は、科目によって、800字程度の単位認定レポートを提出する場合とWEB試験形式の単位認定試験を受験する場合があります。単位認定レポートは、それまでの提出レポートに比べて、気軽に書けるものが多く、感想文的な要素もあります。その為、よほど出来が悪くなければ不合格となることはないようです。

2.単位認定試験の準備について
 一方、単位認定試験の場合は、60点以上を取得できなければ不合格となってしまうので注意が必要です。ちなみに、試験は2回まで受験することが出来るので、1回目で不合格でもどのような問題が出ているか把握しておくことが大事だと思います。試験時間、出題形式、出題範囲は各科目のスタディガイドに記述されているので、必ず受験前に目を通しておくことが必要です。具体的な勉強としては、講義テキストの復習やエクササイズの復習(結果画面をスクリーンショットしておくことをお勧めします。一度画面を閉じると再度表示できないので注意が必要です。)がメインになると思いますが、4単位のレポート科目などでは、テキストを最初に読んでから、かなりの日数が空いてしまっていることが多いので、万全を期するなら、再度テキスト全体を復習しておく必要があります。

3.試験の形式について
 試験の形式にも注意が必要です。試験開始前に表示される注意事項を以下に引用します。

1)WEB 試験中の注意事項
WEB 試験中に次の行為を行うと不正行為や受験放棄とみなされ0点になりますのでご注意ください。
・開始ボタンをダブルクリック(2度押しを含む)する。
・WEB 試験開始後に画面を閉じるなどして中断する。
・WEB 試験中に別の画面を開く。
・WEB 試験画面を20分以上(画面を触れずに)放置する。
・制限時間を過ぎてから採点ボタンを押す。

2)電話回線接続(アナログ回線やISDNなど)使用の場合の注意事項
WEB 試験中は電話回線を接続した状態にしてください。
解答中に電話回線が切断されても試験には影響がないように設定していますが、動作が不安定になる可能性がありますので故意に切断しないでください。
万が一切断された場合は採点ボタンを押す前に必ず再接続してください。

採点結果は、100 点満点での評価となります。合格基準は、60 点以上となります。

 特に、注意が必要なのは試験時間内に提出ボタンを押さないと、採点が行われないという点です。試験を開始した時刻は、問題画面の一番上に表示されているのですが、問題を下にスクロールしていくと見えなくなってしまうので、結構不便です。最初にメモ用紙などにメモしておいた方が良さそうです。少なくとも終了5分前には提出ボタンを押しておいた方が良さそうです。採点と解説画面がすぐに表示されるので、こちらもスクリーンショットなどをとっておくと良いと思います。またWEB試験という性格上、ネットワーク接続はより確実性の高い方法を選択した方が良いです。家でWifiなどの無線LANを使用している場合は特に、通信が不安定になる場合があるので、可能であれば有線接続環境を用意した方が良いです。

私が注意していた点は以上ですが、不明な点があれば、遠慮なくコメント戴ければお答えします。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

WEB 試験中の注意事項

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、武蔵野大学の貴重な情報提供ありがとうございます。1点教えていただきたく存じます。試験中の注意事項に「WEB試験中に別の画面を開く。」が不正行為となっているとのことですが、これは試験中に別画面を参照すること自体が規制されているのでしょうか?日本福祉大学も大手前大学も「別の画面を開く」ことまでは規制していなかったと思うので、少々気になりました。WEB試験の仕組みや仕様は通信制大学でも気になるポイントですね。ご存知でしたらご教示ください。よろしくお願いします。
プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR