NHK学園「傾聴 実践コース」第1回リポート提出

 NHK学園の「傾聴 実践コース」第1回のリポートを提出しました。今回は、入門コースで学んだ内容の応用として、傾聴の基本的な姿勢である相手を受容し、相手の気持ちに共感し、相手に関心をもつということについて学んだ上で、自分が相手の話を聴く際にとっている態度を、ポジティブなP型、ネガティブなN型に分けて捉えてみることを学びました。

 傾聴が備える、受容、共感、関心という側面については、先日の「臨床心理学実習」でもカール・ロジャーズのクライエント中心療法を学んだばかりだったので、理解が深まった部分が多かったです。本講座は、専門書より平易でありながら、傾聴について学べる良い講座だと感じました。

 P型、N型という区分は、シンプルな区分でありながら、シンプルなだけに、普段の自分の話を聴く態度を明確に振り返ることが出来る点が優れていると感じました。さらに、問題に対して、どうして?と相手の責任を追及してしまうN型追及ではなく、問題の解決に焦点を当てたP型の追及という考え方も、相手と同じ立場に立って、問題を共有し、協力して問題を解決していこうとする際に、求められるとても大切な要素であると感じました。

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR