【雑学】歯ブラシは便器の水の80倍も汚い

 口内を生活に保つのに欠かせないアイテムといえば、歯ブラシ。オーラルケアに敏感な方の中には、携帯型の歯ブラシを常に持ち歩き、毎食後の歯磨きを欠かさずに行っているという人もいるかもしれない。

 しかし、そんな歯ブラシは我々が思っているよりも、実はとても汚いものなのかもしれないという話をご存知だろうか。
 台湾の歯科医が行った化学実験によれば、3週間使用した歯ブラシには100万個以上の細菌が付着していることが判明しており、これは汚水にしてバケツ9杯分、便器の水に例えるとなんと80倍にも匹敵する細菌数だという。今までそんな汚いものを口の中に入れていたなんて!!明日からの歯磨きが怖くなりそうな話だ。

 ほかにも、米国のキニピアック大学による研究では、ユニットバスの洗面台に歯ブラシを置いていた場合、糞に含まれる細菌が歯ブラシに付着している可能性が60%になることも判明したという。もちろん共同で使っているユニットバスなら、他人の糞の細菌が歯ブラシにつくことも十分にあると考えていいだろう。場所によってはウイルスや寄生虫が歯ブラシを通じて感染するリスクもあるというから、恐ろしい。

 では、歯ブラシをなるべく清潔に保つためには、どうやって保管すればよいのか。まず、前述したように、ユニットバスの洗面台において置くと糞の細菌が付着してしまうので、それは避けたい。面倒でも他の場所においておくようにしよう。

 また、歯ブラシスタンドやホルダーは細菌の温床になりやすいので、こまめに掃除するのが大事。携帯型の歯ブラシケースも細菌が繁殖しやすいので定期的に洗っておきたい。そのほか、歯ブラシをスタンドに戻す際は、きちんと乾かすこと。特に携帯型のケースに濡れたまま収納すると、雑菌が繁殖しやすくなるので、避けた方が良い。

 最後に、歯ブラシはこまめに新品のものと交換することも効果的だ。米国の歯科医師会では、3~4ヶ月に1度は歯ブラシを交換することを勧めている。歯ブラシならぬ汚ブラシにならないよう、日頃から心がけておきたい。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR