【雑学】ナマケモノは動きすぎると死ぬ

 1日のほとんどを動かずに過ごすことで知られるナマケモノ。その姿を見ていると本当に怠けているようにしか見えず、あくせく働いている現代人からすれば「お前も、もっと働け!」と言ってやりたくなるが、仮にナマケモノがそんなことをすると死んでしまうらしい。
 ナマケモノは1日に木の葉8~10g分くらいしか食べない超小食な生物で、当然カロリーを摂取しないので発熱もできず体温を一定に維持することができない。要はナマケモノは哺乳類には珍しい変温動物なのだ。
 変温動物ということは、動き過ぎて体温が上がれば発熱をおさえられずに死んでしまう。そう考えると、ナマケモノは命を懸けて怠けているのかもしれない。
 ちなみに、ナマケモノは食べ物の消化ですら怠けている。消化に使うエネルギーを省くために、消化は胃の中の微生物任せで行っている。その結果、消化にかかる時間はなんと1ヶ月!ナマケモノの死因で最も多いのが餓死だそうで、満腹でも餓死することがある。

今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR