NHK学園傾聴講座 秋の一日集中スクーリング 〜共感的に聴く〜

 今日は、NHK学園で受講中の傾聴講座一日スクーリングに参加してきました。会場は、東京都国立市にあるNHK学園くにたちオープンスクールでした。
2014-11-09
2014-11-09 posted by (C)encyclopaediafree
2014-11-09
2014-11-09 posted by (C)encyclopaediafree
 朝方は、雨のぱらつくお天気でしたが、会場に到着すると70名近い参加者の方がいらっしゃっていて、驚きました。講義前に、近くの参加者同士の簡単な自己紹介タイムがあったのですが、北海道や東北地方、関西からいらっしゃっている方もいて、その傾聴に対する熱意に私も胸が熱くなりました。傾聴を活かしたいと思っている動機も、職場や家族との関係、傾聴ボランティアなど、様々でしたが、共感するとはどのようなことなのか、色んな方の意見を伺う機会がありとても充実していました。

 傾聴を支える三つの概念として、受容、共感、関心ということが挙げられますが、受容について先生がおっしゃっていた私達は、実際は相手の言葉を否定をしてしまうこともあるが、しなくてもよい否定を無くしていくことはできるというお話はとても納得しました。傾聴の基本にあるものを話し手感情の理解、話し手の欲求を満たしていくことだという視点で見ていくことも大きなヒントになったような気がします。

 講義では、共感的な姿勢をよく現した作品として、作:ジャニス・レビィ、絵:クリス・モンロー『パパのカノジョは』岩崎書店という絵本の朗読がありましたが、娘の視点に立って、最初は変に思えたパパのカノジョがとても共感的な人物であることが感じられるようになるという作品でした。是非、今度読んでみたいなと思っています。

 午後は、午前中の講義を踏まえ、実際に受講者同士による共感のワークを行いました。受講者同士でペアを組んで、午前中の講義で感じたこと、最近思っていることを取り上げて、5分ずつ話し手、聴き手の練習を行い、3分間のフィードバックという流れを交互に行い、相手を変えて2回行ったのですが、人生経験豊富な方が多くてとても話しやすい人ばかりでした。その後、ある事例をもとに共感について、参加者同士でディスカッションを行うケースワークを行い、最後に傾聴についての座談会がありました。
 2014-11-09
2014-11-09 posted by (C)encyclopaediafree
 スクーリングを終えて、修了証も頂きました。幅広い世代の人たちと傾聴について実践的な学習が行えた一日でした。是非、次回も参加していきたいと思っています。

2014-11-09
2014-11-09 posted by (C)encyclopaediafree
2014-11-09
2014-11-09 posted by (C)encyclopaediafree
 お昼休憩中に、講師の澤村直樹先生の著書『<聞き上手>の法則ー人間関係を良くする15のコツー』NHK出版生活人新書の販売もあり、先生直筆のサインも頂きました。帰りの電車で読んでいたのですが、普段の自分の話の聞き方の中でよく思い当たる事柄も多く、とても良い傾聴の入門書だと感じました。これを励みに傾聴講座実践コースのリポート作成にも取り組んでいきたいと思っています。

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR