運動神経の良さは人種によって決まるのか

 陸上競技の短距離・長距離競技、サッカーのおけるアフリカ系黒人選手の活躍は際立っていますが、人種によって、運動神経が異なるということはあるのでしょうか。

 黒人と白人の筋繊維組成を比較した研究では、西アフリカ系黒人の速筋繊維の割合が68.3%であるのに対し、白人は59%という結果が出ており、アフリカ人は瞬発力が優れていることが読み取れます。さらに別の研究からは、全身持久力にも富むということが明らかになっています。

 事実1984年のロサンゼルスオリンピック以降の男子100メートルの金メダルはアフリカ系黒人選手の独占状態が続いています。ただし、遺伝学的観点から見た場合、一口にアフリカ人といっても、その中のさまざまな集団の間に生じる遺伝的差異は欧米人とアジア人とのそれよりも大きく、アフリカ人の特性として一括りに出来るような均一性は存在しないことも分かっています。

 また一方では、身体能力の高さは、人種の違いよりも、社会的・経済的背景や国の政策による影響力の方が大きいという考え方もあります。アフリカ系黒人は根強く残る人種差別などのハンデを負っており、その結果として社会的地位を確立する手段がスポーツなどに限定されており、自ずと優秀な選手が生まれるという考え方です。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR