日本の地名は京都に近い方に「上」がつく法則

 古代の地名の呼び方は、とにかく京都を中心に考えられていました。京都に近ければ上、遠ければ下がつけられました。ただし、上総・下総のように、どう考えても京都からは下総の方が近い場合はどうでしょうか。

 これは、私たちはついつい陸路での距離を考えてしまうからそう思えてしまう為で、道路の整備が整っていない時代の交通手段は船でした。京都から房総半島に行くには、湿地ばかりの江戸を抜けるよりも船で湾を越えた方が早かったからです。

 そこで船が、早く着く半島の南部が上総になり、そこから陸路で北上しなければならない半島の付け根部分が下総と呼ばれるようになったようです。



今までの取得資格一覧へ

知的快楽主義者の備忘録 Wiki

にほんブログ村 大学生日記ブログ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 知的快楽主義
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takemaster2014

Author:takemaster2014
「学ぶことは快楽だ」をキーワードに、通信制大学、資格取得、e-learningなどの情報を発信してきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR